Loading...
アクセス バス時刻表
ご相談・お問い合わせはこちら!

新入社員研修

新入社員の方に対して「企業ドライバーとしての自覚」「安全運転の意識」「運転技能」の向上を図り、業務車両の単独運転の可否を判断、一人ひとりの運転傾向に対する具体的な指導を行う内容となっています。研修後には一人ひとりの報告書を作成し、企業様とご本人に内容を共有させていただきます。

当スクールの新入社員研修では、指導員1人に対して2人の受講生という実車のスタイルをとっています。人の運転を見て体感しながら覚えることができるため、マンツーマンの指導では自分の運転で手一杯になってしまいがちな初心者の方でも、安全運転や危険予測へのイメージを持ちやすくなるメリットがあります。

ほかにも高速教習や車両点検、タイヤ交換など、各企業様独自のご要望や課題を盛り込んだプログラムにも対応しています。まずはご相談ください。

こんなご相談に

企業ドライバーとしての自覚と責任感をしっかり持ってもらいたい!
運転経験の少ない新入社員の運転スキルを上げてほしい!
社員の運転適性や技能、タイプなどを把握しておきたい!

取り扱い車種

カリキュラム例

適性検査

当スクールでは「OD式安全性テスト」を採用しています。
マークシートで9種類の問題に回答していただき、「運動機能」「健康度・成熟度」「性格特性」「運転マナー」の4つの観点から、その人の安全運転に関する適性を総合的に診断します。

講義

講義では、業務中に運転することの責任について学んでいただきます。ドライバー個人の安全運転と危険予測への意識向上はもちろん、社会人として、また企業ドライバーとしての自覚と責任を促す内容となっています。

実車3時間

最初の1時間では、その人の基本的な運転技量を確認します。次の1時間で問題点を丁寧に矯正し、残りの1時間で、教習内容がどのように浸透し、改善されているかを見ます。